読書ネタ

予防医学が腰痛も救う?~『LIFE SPAN~老いなき世界』を読んで

LIFE SPANという本で、最先端の予防医学研究について語られていました。決定的な治療法がない慢性腰痛の原因が、脊椎の構成要素の老化である以上、老化予防できれば、腰痛も予防できるのではないか?!と興奮しました。本について解説します。
勝手にメス入れ医療問題

「後医は名医」という悲しい現実の、それらしい理由

医師の世界には、後医は名医」という格言があります。前の医者では診断・治療が上手くいかなかったという患者さんが、後の医者ですぐ診断がついて良くなったという話です。ホントは前医の情報ありきの後医の手柄なのですが…。なぜそうなるのか説明します。
勝手にメス入れ医療問題

ネット上にある医療情報の真偽について~YMYLについて思うこと

Google検索でYMYL(Your Money or Your Life)すなわちお金と健康に関する情報は、被害を減らすため上位表示されにくくなってきてます。医師の立場としては当然の計らいと感じます。ネット上の医療情報について思うことを書きます。
せぼねの話

それ、本当に椎間板ヘルニアですか?!~偽ヘルニア疑惑

前医に腰椎椎間板ヘルニアと言われて、手術を希望して受診される方がいます。しかしその中には、椎間板変性(椎間板の老化)だけの偽ヘルニアも含まれています。腰痛だけの症状だと、手術で良くなる可能性が低くなります。これについて詳しく説明してみます!
勝手にメス入れ医療問題

名医の見つけ方~中の人にしか良い医者は分からない

良い医者はどこにいる?誰が知っている?初めて受診する場合は、病院やクリニックについてネット検索することが多くなっていると思いますが、ネット情報は何を信じていいのか迷うこともあります。良い医者の見つけ方について考えたことを説明します!
勝手にメス入れ医療問題

新しい手術法と従来法、どちらを受けるべきか?!~ラーニングカーブの功罪~

同じ疾患に対する手術法には、従来からあり、世の中に広く普及した術式と、比較的新しく、多くの施設には広まっていない術式があります。一体どちらの手術法の方が良いのでしょうか?それを判断するには、その手術の成熟度を知る必要があります。
勝手にメス入れ医療問題

外科医がオペを避けるべきタイミング3選!!!

以前、外科医が自分の誕生日に執刀したオペの死亡率が高い、という内容の論文がアメリカから出ました。誕生日のみならず、外科医の正常な判断力を妨げるような要因はいくつもあると思われます。外科医が執刀を避けるべきタイミング3つについてお話しします!
論文ネタ

【最新論文で読み解く!】ムチ打ち症になると将来首が悪くなる!?

ムチ打ち症になると長期間、首、肩の痛みなどが続くことがあります。現在も症状を説明できる正確な原因や、検査法、治療法は見つかっていません。また将来の症状発生リスクについても不明な点が多いです。ムチ打ちになると、将来、首が悪くなるのでしょうか!?
医者雑談

医師の働き方改革?ウチではもうとっくに完了してますけど・・・

医師の働き方改革が叫ばれ始めて久しくなりましたが、当院ではとっくの昔に改革が完了していたようです。救急外来がない、単科病院であるという特性もさることながら、最も特徴的なのは、カルテ入力、書類作成などの専門スタッフがたくさんいることです。
医者雑談

「整形外科医はチャラい」とディスられた件

「整形外科医はチャラい」一部の医療関係者の間では、そんな意見があります。YouTubeなどでそれを聞いた世間様の疑念を払拭し、整形外科の同志の名誉を守るため、ボクが立ち上がります!果たして整形外科医はチャラいという科学的根拠は存在するのか・・・!?
タイトルとURLをコピーしました