腰部脊柱管狭窄症の主な手術法、除圧術とは?

せぼねの話

こんにちは!
脊柱管も人も、圧力は加わらない方がいいですよね・・・
ドクターコンちゃんです!

今回は、腰部脊柱管狭窄症の代表的手術法、除圧術についてご説明します!

腰部脊柱管狭窄症について

腰部脊柱管狭窄症の簡単な説明です。

まず、腰のせぼねの真ん中はトンネルになっていて、
脚にいく神経の通り道になっています。

これが脊柱管です。

腰の脊柱管なので腰部脊柱管といいます。

腰椎を後ろから見た図
腰椎を横から見た図

腰部脊柱管狭窄症は、神経の通り道(脊柱管)の後方にある、
黄色靭帯が分厚くなって、神経を締め付ける病気です。

症状としては、歩いた時に脚の痛みやしびれが出ます。

腰部脊柱管狭窄症の模式図(横から見た図)
【腰部脊柱管狭窄症の症状】Dr.近藤祐一のせきつい教室 Part 3│はちや整形外科病院youtubeチャンネル
【腰部脊柱管狭窄症の治療法】Dr.近藤祐一のせきつい教室 Part 4│はちや整形外科病院youtubeチャンネル

除圧術とは?

腰部脊柱管狭窄症の主な原因が、黄色靭帯によって神経を押されることですから、
黄色靭帯を取り除くことが手術の目的になります。

この方法を、ボクらは除圧術(または後方除圧術)と呼んでいます。

椎弓切除術や、椎弓形成術とも呼ばれます。

他の良く行われている手術に、固定術と言うモノもありますが、
これは、上下の骨の配列がずれていたり、背骨がグラグラして不安定になっているなど、
ほかの要素が含まれている場合に行われるものなので、今回は割愛します。

除圧術について、簡単に方法を説明します。

除圧術の実際

背骨の後ろの骨を少し削る

背中側から手術しますので、
患者さんに全身麻酔で眠ってもらってから、
腹這いの姿勢をとらせて頂きます。

傷の大きさは、傷の内部を覗く器械によって変わります。

顕微鏡を用いた手術なら傷は2.5~3㎝、脊椎内視鏡なら1.5~2㎝、経皮的内視鏡なら8mm程度となります。

ウチでは現在、顕微鏡での手術が主です。

中で行う方法はいずれもほぼ同じで、まず、背骨の後ろの壁を少し削って、脊柱管の中が見えるようにします。

腰椎を後ろから見た図

黄色靭帯を取り除く

骨に開けた窓から脊柱管を見て、後ろから神経を圧迫している黄色靭帯を取り除きます。

その他にも、骨の壁によって神経が押されている場合もあるので、
その場合は邪魔になっている骨も取り除きます。

手術前の腰を横から見た図
手術後の腰を横から見た図

まとめ

今回は、腰部脊柱管狭窄症の主な手術である、除圧術について簡単に説明しました。

脚の痛みやしびれを楽にするための手術ですが、たまになかなか症状が良くならない人もおられます。

そういう場合は、椎間孔狭窄という病態が隠れていたりして、
後に固定術が追加で必要になることもあります。

以前の記事、腰部脊柱管狭窄症の手術後に残った症状の原因4選!!!もご参考にしてください。

腰部脊柱管狭窄症の術後に残った症状の原因4選!!!

ちなみに、顕微鏡、脊椎内視鏡、経皮的内視鏡という、内部を覗く器械の違いによって、
傷の大きさが違うけど、中でやってることは同じと書きましたが、
これは腰椎椎間板ヘルニアの手術の時と同じですね。

術者側としては、顕微鏡手術の方が、圧倒的にやりやすくて、
安全で速くて確実と思ってますけどね(^-^;

ボクも今現在は、腰部脊柱管狭窄症の除圧術については、顕微鏡手術をやっています。

以前の記事、腰椎椎間板ヘルニア手術法 3選(+1)比較!!!も参考にしてみてください。

【腰椎椎間板ヘルニアの手術法3選(+1)】Dr.近藤祐一のせきつい教室 Part 11│はちや整形外科病院youtubeチャンネル

というワケで、最後まで読んでくださって、
ありがとうございました~!!!

【腰部脊柱管狭窄症の手術(除圧術)】Dr.近藤祐一のせきつい教室 Part 14│はちや整形外科病院youtubeチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました